葬儀をコロナ渦で行うために

最大の供養は故人を偲ぶために時間を割くこと

最大の供養は故人を偲ぶために時間を割くことの写真

川越でも葬儀がかなり縮小化しています。一般的な葬儀よりも家族葬や一日葬などの需要が急激に増えています。川越市での葬儀であれば、川越での家族葬で好評の葬儀社グランドセレモニーに相談してみてください。
https://www.grandsougisya.co.jp/kawagoe.html

葬儀の規模を縮小しなければならない人が増えています。新型コロナは、肉体的にだけでなく、経済的にも負担をかけています。故人をきちんとお見送りするだけでなく、金銭面にも気を配り、感染予防の3密を意識しなければなりません。なぜなら、ご遺族や葬儀に参列される方のことを考えなければならないからです。どんな機会や場所であっても、誰もが時間をかけて故人を偲ぶことが一番の供養になるのではないでしょうか。

判断力が低下していても遺族の希望を聞くことが大切

親が亡くなると、もう片方の親が認知症になることも珍しくありません。また、配偶者の死後に認知症を発症する人が多いと言われています。故人の判断力に障害があり、葬儀の席次を頼めない場合でも、故人の配偶者は一人です。故人を一人で見送ることができないという寂しさや不安を遺族が感じないように、どのように葬儀を進めていきたいのかを相談しておくと良いでしょう。

お世話になった方の葬儀の希望を確認する

生前に大切な人の葬儀の意思を認めることで「本人の希望だから」ということが原因で決断力を失った人との折り合いがつきやすくなります。また、頻繁に確認をすることで、何が言われたか、何が言われなかったかについての誤解を防ぐことができます。

家族葬や一日葬も参列者が少ない場合の選択肢に

葬儀は、生前付き合いのあった人に故人が亡くなったことを知らせるだけでなく、遺族が故人とのお別れをする機会でもあります。十分な時間と労力をかけて事実と向き合うことで、愛する人を失った悲しみや寂しさを和らげることができます。お通夜や告別式を行わずに「直葬」をした人からは、「思ったよりもずっとシンプルだった」「これでいいのかな」という声が聞かれます。新型コロナウイルスの蔓延状況や各家庭の経済状況によっては難しいかもしれませんが、少人数で満足のいくお別れをするためには、家族中心のお通夜と告別式のある「家族葬」や、告別式のみの「一日葬」を検討すると良いでしょう。大切な人に別れを告げるということは、自分にとって大切な人にも別れを告げるということです。お別れの時間を共有することで、お葬式はとても有意義なものになります。いざという時には、葬儀に参列する人全員が「素敵なお別れだった」と感じられるように、身近な人たちと相談しながら少しずつ進めてみてはいかがでしょうか。